読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

動員をあげるために頑張ってみる

好きな人やモノの売上や動員をあげるために日々努力するブログです

関ジャニ’s エイターテインメント ドームにRIDE ON!キッズダンサー企画における関ジャニ∞のプロモーションについて

関ジャニ∞2016年→2017年 関ジャニ’sエイターテイメントの

感想を書いていたのですが、この曲に関しては少し違う角度から書きます。

 


パノラマ(2016年10月12日発売)

モンスターハンター ストーリーズRIDE ON オープニングテーマ

 

渋谷・横山・村上・大倉4人でモンスターハンターを語るだけの

ラジオを行ったり、

それが高じてついにモンハンCMに出演してしまったり、

関ジャニエイトとは縁の深いテレビゲーム、モンスターハンター

ついにはアニメ化の際のオープニングテーマに選ばれました。

 

この曲を使って、関ジャニ∞はテレビ番組とのコラボ企画に挑みました。

関ジャニ∞とドームにRIDE ON!!」

 

この曲をドームでキッズダンサーと披露することが発表され、

そのキッズダンサーを応募し、ドーム公演までを追う企画でした。

5大都市それぞれのテレビ番組とコラボしながら、その様子はテレビ放映されました。

 

キッズダンサー達は大きなドームの中で精いっぱい踊っていました。

すばるくんも言ってたように「思ったよりちっちゃい」子供たちが、

緊張もしていたでしょう、そんな中で一生懸命に、それでも笑顔を絶やさずに踊っていました。

キッズダンサーと一緒にワチャワチャしているメンバーも可愛くて、

リアルに「可愛い…」と小声で何度も言っていました。

 

私が見た東京ドーム公演はめざましテレビとのコラボ。

めざましテレビではキッズダンサーの募集、選ばれたキッズの練習風景や、

当日の様子などが何日かに分けて放映していました。

 

「ファンじゃない人に関ジャニ∞に触れてもらう」ための企画

この企画自体は実は2度目、
2105年の夏ツアー関ジャニエイトリサイタルでも各地の番組とコラボし、

ダンサー達と前向きスクリームを踊りました。

 

この企画は関ジャニエイトの戦い方。

新しいアピール方法だと思っています。


東京公演ではまず、キッズダンサーを募集しました。
そのため、応募したいと思った親御さんやダンスクラブの先生、
そしてお子さんがこの「パノラマ」という曲を聴くなり、

買うなりするチャンスがまず生まれます。

この企画がなければパノラマという曲を知らなかったという方もいらっしゃるでしょう。

 

そしてめざましテレビの中での企画なので、
アイドルに興味のない方も毎日見ているニュースの中で
「あぁ、ジャニーズのアイドルがドーム公演の企画をなにかやっているのね」
と認識されていたと思います。

この企画の中では関ジャニエイトではなくキッズダンサーが主役です。

小さな子供たちが頑張っている姿を応援した方もいらっしゃると思います。


そしてもちろんこの曲を披露することになるドーム公演。
普通、コンサートやライブに足を運ぶ理由は
「そのアーティストを見たい」気持ちです。
ただ、この企画はその根底を覆す


「友達、(子どもや孫、甥や姪)が関ジャニのライブにでるから見に行く」
という普通のライブならありえない動機で観客を増やす可能性を持っているのです。

 

選ばれたキッズの親御さんや親せきの方、また学校のお友達やそのご家族等
この晴れ舞台を見に足を運んだ方もきっといらっしゃる筈です。


もちろんそのお子さんが出るのは今回のライブだけです。
今回しか来ない方もいらっしゃるでしょう。
でも、そこからファンになる方、面白かったから来年もライブに来ようと思う方。
もっと大きいくくりになると
「この前ライブに行った人達だ!」とザッピングの中で関ジャニエイトに
チャンネルを合わせてくれる方が増えるかもしれません。

 

関ジャニ∞を知ってもらうための最初の一歩

 

じゃぁ、このプロモーションをしていきなりCDの売り上げが上がるのか、

視聴率があがるのか、ライブの動員があがるのかと聞かれると

そうではないと思います。

この企画で劇的に何かが変わるわけではありません。

ただ、まったく関ジャニ∞のことをしらない方がほんの少しでも知ってもらえるきっかけになるのです。

全く興味がない方や普段ライブに行かない方、CDを買わない方、

その人たちに見てもらう、気にかけてもらう最初の一歩は、

思ったよりずっとずっと重くて、難しい一歩です。

その最初の一歩を少しでも増やすために、この企画はあるのだと思います。

 
関ジャニ∞と踊ったことがあるんだ!と言ってもらえるためには、
僕たちも関ジャニ∞を頑張っとかなアカンから、
皆さんが自慢できるようなグループに。
明日からも頑張っていきますんで!」
 

めざましテレビの企画の最後、一緒に踊ったキッズたちに村上君はそう言葉を

かけていました。

今回のことをお子さんたちが覚えている限り
そして関ジャニエイトが続いて行く限り、
彼らが高校生や成人になってに「あぁ、この人達と昔踊ったこと有るんだ」

と話すでしょう。

その相手がもしかしたら数十年前のこの映像を見るかもしれない。

そこから10年後の関ジャニ∞ファンが生まれるかもしれない。

 

まだまだ上を目指す関ジャニ∞

爪痕を残し続ける彼らが大好きです。

未来に爪痕を残すかもしれないから、この企画は面白い。